ビジネスの拡大が期待できるサービス|起業家が利用してる電話代行

会社

SFAとの違いを把握

レディ

現在はいろんな営業支援のシステムが誕生しています。導入することによって、企業の営業活動が非常に楽になりますし、単純作業の時間を短縮することができます。多くの企業が導入している営業支援システムが、CRMです。日本語に直訳すると、「顧客関係管理」です。顧客の情報をしっかりと管理できていると、信頼度がアップしますし、より利益を生み出す事もできます。顧客の情報の管理で困っている企業は、CRMの導入を検討してください。

営業支援システムでは、CRMのほかにもSFAが有名です。ですが、両者には得意な領域が違いますので、使い分けることが大事です。SFAが得意している分野は、案件の管理です。特に、複数の担当者がいる案件を管理するための、機能やオプションが豊富にある営業支援システムです。ほかにも、日報の管理機能やカレンダー機能、そして見積もり書の作成機能や紐づけ機能があります。それに対して、CRMは顧客情報の管理に適している営業支援のシステムです。顧客の情報を誰でも閲覧できるようにしてくれますし、今までの購入履歴やお問い合わせ内容もすぐに確認することができます。そのため、顧客の情報を集計して分析することで営業活動を活性化することができるのです。顧客の一人ひとりに最適な商品やサービスを紹介することが可能になります。イベントの告知や新商品発売のメールを送信することもできます。そのため、多くの見込み顧客を獲得することができますし、顧客の満足度も向上する営業支援のシステムです。